昨今では、働く女性が年々増加しており、家計を支えるために就職活動する主婦も増えてきています。

 

 そういった時代なので、どの会社にも女性を採用する枠というのは当然のごとく用意されているのですが、やはり女性というのは妊娠をしたり出産をしたり結婚をしたりといったことがあるので、そういった点がどうしても壁になりがちです。

 

 面接などでも、「子供ができた場合、退職してしまうのではないですか」といった質問をされるケースが増えていますし、圧迫面接を受けることになる女性は存外多いものです。

 

 ですので、そういった質問にも的確に答えられるようにし、「女性だからこそ訊かれる質問」はネットで調べるなどしてひととおりチェックしておくようにしましょう。

 

 

【参考サイトのご紹介】
50代の転職|ライフプランに合わせる方法
50代はビジネス経験を活かして転職を成功させる

 

 

 たとえば、女性の場合はやはり結婚していることがネックになるケースもありますし、子供ができて退職してしまわないかといった心配をされてしまうことがあります。

 

 そういったことを遠回しに質問されたとしても、「産休は希望するかもしれませんが退職はいたしません」とハッキリ回答することが重要ですし、「子供はしばらく作らない予定です」とハッキリ答えてしまうのも一つの手です。

 

 とにかく、面接官は「妊娠を機に退職してしまうタイプの女性」には注意しているものですし、そういった女性は最初から採用しないように気をつけていたりします。

 

 そういった企業側の思惑をしっかり把握した上で対策を練ることが重要なので、女性が訊かれがちな質問などはとにかく、しっかりチェックしておくようにしましょう。