人間関係は転職理由として多く挙げられる

 

 転職理由として、人間関係を挙げる方は多くいます。確かに人間関係がうまくいかないと非常に働きにくくなることは事実ですが、それをそのまま転職時に伝えることは全くオススメできません。必ず別の理由を考えておいて、新しい転職理由として面接時に伝えておきましょう。

 

嘘を伝えるわけではない

 

 かといって、新しい転職理由とは嘘をつくことではありません。転職時に大切なのは自分をきちんと伝えることです。そのため、その人間関係の不満を他の理由に置き換えてみましょう。どんな人間関係に不満があるのか、仕事を任せてもらえないのならばより上のキャリアを目指したいと伝えるような工夫をすれば、相手も特に不快感を示さずに雇うことができるはずです。

 

次の人間関係にも気をつける

 

 仮に転職が成功したとして、新しい職場で人間関係が成功するとは限りません。なぜ人間関係がうまくいかなかったのか、その原因を考えておくことで、確実に良い転職にしておきましょう。転職をしてゴールではないのです。

 

最後に

 

 転職の理由は、向こうがこちらに興味を持ってもらうために必要な最初の一歩となります。ここで躓くのはもったいないので、下手な転職理由を打ち明けないよう注意しましょう。