介護の仕事は人手不足といわれていますので、転職を考える上で検討している方も多いと思います。

 

 介護の転職セミナーで10社以上に話を聞いてきましたので参考に紹介したいと思います。

 

 ポイント1
 介護企業の会社の説明を聞いた印象ですが、会社によってずいぶん違うなと感じました。メーカーや販売、金融などの企業は業界統一のイメージがありどの会社も同様の印象が残りますが、介護の企業は印象が大きく違い驚きました。 
 その話をある介護企業に聞いてみたところ、介護の企業は歴史が浅く、急速に拡大している業界なので、統一したイメージが確立しないまま現在にいたっているとの事でした。

 

 介護の業界に転職を考えられている方は、しっかりと話を聞いて、自分に合った会社を選ぶ事をお勧めします。会社によって社員に対する考え方もだいぶ違います。

 

 ポイント2
 介護の転職の案内や募集要項に「資格が無くても始められます。」という記載がありますが、実際に介護企業の職員の話を聞いてみると実際は正反対でした。
 介護業界は資格世界です。
 資格によって仕事の多くの部分が決まってしまいますので、まずは資格を取って介護の世界に入りその後も継続してより高い資格を取得していく必要があります。
 資格を取り、より高い資格を取得していく気持ちが無い方は介護企業への転職はあまりお勧めできません。