収入アップを狙う転職ならば、まだ若いうちに挑戦すべきでしょう。40-50代になってから収入がアップするような転職はまず不可能です。ヘッドハンティングで社長や部門のトップに採用されるなら別ですが、そのような例は非常にレアーケースです。すでに管理職の年齢に達してから転職しても新しい会社ですぐに管理職を務めるのは難しいからです。会社の仕事の内容を理解した人でなければ管理職は勤まりません。したがって40代や50代の管理職年齢の人が転職で収入アップを期待するのは難しいのです。

 

 まだ20代30代ならば新しい会社で担当社員として存分に力を発揮できるチャンスがあります。キャリアアップを狙うならばこの時代に転職すべきでしょう。しかし何度も転職した経験のある若い人に対し、採用する側は慎重になります。また長続きしないのではないかと判断するからです。ですからチャンスは一度か二度と思って転職に望む覚悟が必要です。とりあえず転職などという態度では絶対にうまくいきません。今度の会社で一生勤め上げるかその後独立するかくらいの覚悟が必要です。そのためにも会社の選択は慎重にも慎重を重ねるべきです。一度転職した人は転職のハードルが低くなる傾向があるからです。したがって転職希望者へのアドヴァイスはなるべく若いうちに、二度と転職しない覚悟で転職先を選ぶことです。